Yuka Kikumoto Designs Blog

ceramic designer maker 陶芸デザイナー作家のブログ


コメントする

Ceramics in the City 2016

London Design Festivalのイベントのひとつ、Geffrye Museumで行われたCeramics in the City に参加しました。今年で2回目の参加だったので、去年見にきてくれた人、買ってくれた人 にも会う事ができました。

I exhibited “Ceramics in the City 2016″in Geffrye Museum during London Design Festival. This was the second time to join this exhibition. I met many customer I met last year.

_1180929

_1180928

今年は、色々な色を展開し、お客さんに実際に手に取って、色の組み合わせを試してもらえるようディスプレイしました。

This time, I made lots of colour series, so the customers were able to select their own colour patterns by themselves._1180935_1180930

_1180931私のお気に入りだった、楽焼きで焼いたボウルも無事お嫁に行きました。

My favorite “Raku firing two stamp tapas bowls” were sold.

_1190054前日に焼けたばかりの和傘ティーカップセットも無事、お嫁に行きました。

My new series “Wagasa tea cup and saucers” are also sold.

今回の展示会は、常にお客さんが来てくれて、色んな人と話す事ができ、売り上げも過去最高で、とても満足の出来でした。やはり、同じ展示会にコンスタントに出す事が大事だなぁと思いました。

This time, I could talk many customers and reached my best sold record. I think it is important to exhibit same exhibition constantly.


コメントする

ストークオントレントガイド Stoke-on-Trent guide

最近は、よく日本人の方が、ストークオントレントに買い物や観光で来られます。私も最近日本人の友達を陶器工場のfactory tourにたくさん案内しています。ストークオントレントは小さな町の集合体なので、南から北への順に観光スポットやアウトレットショップをまとめてみました。
・Barlaston
「World of Wedgewood」
Barlaston, Stoke-on-Trent, ST12 9ER
England
最近リニューアルオープンし、たくさんの観光客が訪れています。ウェッジウッドのfactory tourは、その場で予約でき、月曜から日曜まで10時から4時までしているようです。ガイド付き、ガイドなしが選べます。Factory内は撮影禁止になっています。
カフェとアウトレットと美術館を併設しています。
ろくろ体験もできます。_1160912
_1160913
・Trentham
「Trentham Shopping Village」
The Trentham Estate, Stoke-on-Trent ST4 8NF
色々なお店が入った、ショッピングビレッジで可愛いログハウスの中に色々なお店が入っています。
China Cabin, Steelite, Portmeirion,Spode and Royal Worcesterの陶磁器ショップが入っていますので、
それらのブランドのお買い物をしたい人にはぴったりの場所です。
・Longton
「Gladstone Pottery Museum」
Uttoxeter Road, Longton, Stoke-on-Trent, ST3 1PQ
昔の陶器工場をそのまま美術館にしているので唯一昔からの陶器工場がそのまま見れます。
ろくろやボーンチャイナでお花を作るデモンストレーションをしてくれていたり、参加することもできます。日本語で歴史ビデオも流してくれます。ボトルキルンも当時のまま残しており、中に入ることができます。トイレやタイルミュージアムも入っています。
_1090424
「Reiko Kaneko」
Unit 8 Marie Works, Ayshford street, Stoke-on-Trent, ST3 2PP
私が、二年間、弟子として働かさせてもらっている所です。最近ショールームをオープンし、オリジナルのセカンド品が安く買えます。ショールームは要予約です。
Gladstone Museumから徒歩10分の所にあります。Reikoさんは、日本人の父、イギリス人の母を持ったハーフなので、日本語も話せるデザイナーメーカーです。最近、日本の雑誌にも取り上げられ、日本でも、東京のMOMAで商品を扱っています。
_1160383
・Stoke
「Spode Factory」
Elenora Street,Stoke-on-Trent,ST4 1QQ
2008年に廃業してしまったSpodeの工場は2年に一回秋に開かれる、British Ceramic Biennielの会場として復活しました。次回の開催は2017年9月です。Spode works visitor centreは冬の間はしまっており、2016年3/25〜10/30の金土日とBank holidayの月曜の10:30から4時まで空いています。
_1120770
「Portmeirion,Spode and Royal Worcester Outlet shop」
London Road,Stoke-on-Trent,Staffordshire,ST4 7QQ
Stoke-on-Trentに3つのアウトレットショップがあり、Stoke, Longton, Trenthamにあります。Stokeが一番大きなお店だと思います。
月曜から土曜は9時から5時15分、日曜は10時から4時まで空いています。
・Hanley
「Potteries Museum & Art Gallery」
Bethesda St, Stoke-on-Trent ST1 3DW
陶器の歴史が分かるとても大きな美術館です。今はなくなってしまった陶器工場の昔の作品や、バーナードリーチ、濱田庄司、ルーシーリーなど、日本に名の知れたアーティストの作品もランダムに展示されています。他にも企画展や、戦争時代の飛行機、動物の剥製など博物館も併設しています。
_1090179
_1090097.JPG
「Wedgewood & Royal Doulton Outletstore」
Forge Lane, Etruria, Stoke-on-Trent, ST1 5NP
月曜から金曜は9時から5時、日曜日、Bank holidayは10時から4時まで空いています。
「Emma Bridgewater」
Lichfield Street, Hanley, Stoke-on-Trent, ST1 3EJ
Factory shop、cafeを工場に併設しており、factory tourも要予約で定期的に行っています。
Factory tourは月から金曜までで10時、11時半、1時半の3回で
金曜は1時半のツアーはありません。
_1160936
_1160931.JPG
・Burslem
「Moorcroft」
Sandbach Road,
Burslem
Stoke-on-Trent
ST6 2DQ
「いっちん」という絵付けの技法が見られます。Factory tourは要予約で月曜日から金曜日10時から2時までです。factory内は撮影禁止です。
ショールーム、ファクトリーショップも併設しています。
_1100745
「Middleport Pottery」
Port Street, Burslem, Stoke-on-Trent, ST6 3PE
Burleighの商品をとても安く買えるアウトレットショップ、Cafe、美術館を工場内に併設しており、Factory tourも要予約でできます。
Factory tourは月曜から木曜は1日2回で11時と2時、金曜は11時のみです。
_1140781
_1100717
_1140839.JPG
「Dudson Factory shop」
Dudson Factory Outlet, Nile Street, Burslem, Stoke-on-Trent, Staffordshire, ST6 2BA
Moorcroftのショップの目の前にあります。whitewareが信じられないくらい安いです。
_1100737.JPG
日本人に人気な所は、これくらいですが、まだまだ観光化していない工場や、小さなショップなどもあります。移動には、タクシーか車を使うことをおすすめします。これからStoke-on-Trentの日本人向け観光ガイドの仕事も始めようと思っていますのでお気軽にお問い合わせください。


コメントする

Bizen Pottery

夏に日本で買い付けに、ボスと備前を訪問したのですが、やっと備前の陶芸家さんからイギリスに作品が届きました。

_1160364

イギリスでは備前のような、登り窯で焼かれた灰釉で焼き締めで作られたの作品はほとんどありません。イギリス人ではほとんど見たことないという人も少なくないと思います。この日本独特のわびさびの文化が、イギリス人に受け入れられるかどうか分かりませんが、イギリスで、はじめての備前焼がもっと認知されて、広がっていき、私も日本とイギリスでの陶芸の橋渡しが出来ればと思っています。

こちらのサイトで、購入出来ますので一度のぞいてみてください。

Reiko Kaneko Japan Store

https://www.reikokaneko.co.uk/japan-store/

New wood fired Bizen Pottery now up on the website. Take a look at https://www.reikokaneko.co.uk/japan-store/ UK Standard shipping cut off for Christmas is this Saturday at 1pm.

Posted by Reiko Kaneko designs on 2015年12月16日