Yuka Kikumoto Designs Blog

ceramic designer maker 陶芸デザイナー作家のブログ


コメントする

Potter’s wheel or Whirler

In recent days, I often use electric potter’s wheel to make plaster model. I use special big plate for scraping plaster instead of normal metal plate.

最近は、石膏の型を作る為に、よく石膏ろくろをつかっています。普通の陶芸用の電動ろくろでも十分なのですが、大きな型を作る時は、直径50cm近くあるものすごく重い、大きな板を電動ろくろに据え変えて、使っています。

IMG_4052  IMG_4009 – Japan’s potter’s wheel –

In England, they use Whirler. Whirler is only used for scraping plaster. They normally stand up to use it. We, Japanese, always sit down to use potter’s wheel.

イギリスの場合、陶芸用のろくろではなく、Whirlerという石膏を削る専用のろくろがありました。日本の場合、背が小さいからか、前傾姿勢になって作るため、ろくろは非常に低い位置にあり、椅子に座ってろくろを使いますが、イギリスの場合は、背の高い人が多いせいか、非常に高い位置にあり、立ちながら使います。

IMG_2456      IMG_2454 – England’s Whirler –

Do you know what’s difference between two countries? I prefer to use England’s whirler.

違いが分かるでしょうか??私は、イギリスのろくろの方が使い易かったです。

 


コメントする

My favorite machines

My recent favorite machines.

最近のお気に入りのマシーンずたち。

_1110304  フレットミル Edge runner mills

This machine has two big heavy circle stones, and turning clockwise and anticlockwise motion. It makes dry clay smoothly like sand. I can make slip easier.

これは、二つの円状の大きな石が、互いに逆回転しながら重さによって土を粉々に粉砕してくれる機械です。これを使うと、かたまりの土がさらさらの砂のようになり、簡単に泥しょうが作れます。

_1110308 _1110310

This machine is really heavy and dangerous, so you need to put clay with precise timing.

多分相当重い機械なので、土を入れる時はタイミング良く入れないと危ない機械でもあります。で、さらさらの土は、

_1110313 _1110316

Then, I made porcelain slip with using sodium silicate and water.

またまた、水と水ガラスを入れ泥しょうになるのであります。


コメントする

Raku fire

I watched Japanese Raku class in my studio. In England, Raku fire is very popular and I joined the Raku fire class once. I compared two countries Japan and England.

生徒さんたちの楽焼き講座があったので、見学しました。イギリスでも楽焼きは盛んで、一度授業で参加したので、イギリスと日本の楽焼きを比較してみました。

『日本の楽焼きの場合〜Raku in Japan〜』

IMG_4022 IMG_4027 IMG_4032

IMG_4008  IMG_4025

In Japan, Everyone make raku chawan with using hand potters wheel. After biscuit fired, you need to paint underglaze on the surface with using flat brush. You put into 800℃ Raku kiln with using heating oil for 5 minutes. After melting glaze, you need to take from kiln to box fill with rice husks very quickly and wait to cool down.

手ろくろで作ったお椀を素焼きした後、楽焼き用の化粧土を刷毛で色を付け、楽焼き専用の釜に入れて、後ろから灯油をつなぎ、5分程800℃前後で焼成します。真っ赤になったお椀は、籾殻の入った箱で冷まします。

『イギリスの楽焼きの場合〜Raku in England 〜』

IMG_1181 IMG_1182 IMG_1186

In England, Everyone doesn’t have imagine Raku=chawan(tea bowl). This time we fired ceramic tiles.  We fired 800℃ with using propane gas and cool down with wood tips. We made underglaze my ourself.

イギリスの場合は、楽焼き=茶碗という概念はなく、この時はタイルを焼きました。プロパンガスをつないだ釜で800℃前後で焼成し、ウッドチップの入ったドラム缶で冷ましていました。イギリスでは楽焼き専用の釉薬はなく、自分たちでレシピを見て作りました。