Yuka Kikumoto Designs Blog

ceramic designer maker 陶芸デザイナー作家のブログ


コメントする

British Ceramic Biennial

I think many people are wondering why I’m living in Stoke-on-Trent. There is middle of nowhere and no leisure. However, I felt some interests when I came here for first time, so I started to look for job in here. From 28th September to 10th November 2013, there is the biggest ceramic event in England, “British Ceramic Biennial” was held in Stoke-on-Trent and the event needs many volunteers. I have experienced as a volunteer in my home town in Kagawa “Art Setouchi Triennale”, so I applied it.

なぜ、ストークオントレントに住んでるのか疑問に思う人もいると思います。ここは本当に田舎で、娯楽は一切ありません。でも、初めて来たときから、なにか魅力を感じ、ここに住みたいと思い、仕事探しが始まりました。2013年の9月28日から11月10日まで、British Ceramic Biennialという2年に1回のイギリス最大のセラミックイベントが、ストークオントレントで開催されることを知り、同時にボランティアも募集していることを知りました。地元香川での3年に1回開かれる「瀬戸内国際芸術祭」にもボランティアで参加していたので、やってみよーと思ったのがきっかけです。

IMG_3033

This was  the venue of British Ceramic Biennial. This was a huge ceramic industry factory called ‘Spode’. The company was closed down in 2008.

ここがBCBの会場となったSpodeです。かつては、セラミック工場としてお皿などの工業製品を作っていましたが、2008年に潰れて、今は廃工場になっています。

IMG_3015  IMG_3030         IMG_3031  IMG_3012

What I did as a volunteer was to count visitors, to make clay ball for workshop and to give the tera-cotta human figure cube to customer etc…You could bring back one office workers encased in brick blocks, and the artist, Lawrence Epps recorded the movement also. It must be funny.

ボランティアとして何をしたかというと、お客様の人数を数えたり、ワークショップ用の粘土の玉を無限に作ったり、アーティストさんの作品であるテラコッタでできた、人型のキューブを配ったりなど。おみやげに好きな形の人型を一人一個持って帰ることが出来、その迷っている様子さえもが録画され、アート作品になるという、イギリスの陶芸家Lawrence Eppsさんの作品。確かに面白そう。

_1070924 _1070925 _1070923 _1070922 _1070919 _1070917 _1070915installations and…

ンスタレーションや…

_1070867 _1070872 _1070873 _1070874 _1070878 _1070885 _1070886 _1070892 _1070896 _1070906functional tableware products.

食器などのテーブルウェア商品なども。

my favorite artist is

私の好きな作家さんは、

_1070887

Sasha Wardell♡大ファンで、サインまでいただいたことあります。


コメントする

Manchester

I went to Manchester on last weekend. It took 40 minutes by train. Last time I came here for watching Manchester United game, so this is the second time for me. I got ticket from my flatmate, and at that time, Shinji Kagawa got in the game from starting to ending.

週末に電車で40分の所にあるManchesterに行ってきました。前回は、Manchester Unitedの試合を見に来た時以来だから2回目。たまたま、フラットメイトがチケットをくれて見に行ったら、香川慎司選手がフル出場で、終始興奮してました。_1090557

_1090582

_1090588 _1090589

Last time I visited Manchester before Christmas, so I could see many Christmas decoration and market.

その時は、クリスマス前だったので、あちこちでクリスマスデコレーションやマーケットに出会えました。

_1090590 _1090591

Manchester Art Gallery and yellow tram. 

なかで、Grayson Perry展していましたが、撮影禁止でした。。。トラムは1日乗り放題切符買ったのに、誰もチェックしてくれず、、せっかく買ったのに。。。

_1100072 _1100062 _1100067 _1100069

Museum of Science & Industry was built in 1830 as rail station. We saw many old vehicles such as air planes, bikes, cars and trains. Japanese ‘Kamikaze'(Suiside Bomb) is also displayed.

科学産業博物館は1830年に建てられた世界初の旅客鉄道の駅舎を利用した博物館。昔の飛行機、車、自転車、電車などの乗り物が展示されていて、日本の神風も展示されていました。英語名だと’自殺爆弾’と名付けられていて、何とも言えない胸の痛みを感じました。

_1100074 _1100078 _1100079 _1100081 _1100082 _1100083

I was thinking Thomas and Friends was born in here?? I could see real steam trains but I wanted to ride on real steam train from Bury. Unfortunately it did not run today.

機関車トーマスはここで産まれたのかなーと思いつつ、本物の蒸気機関車が見れました。マンチェスターからトラムで最終駅のBuryっていう駅からは本物の蒸気機関車に乗れるそうです。今日は残念ながら運行なしでしたが。

_1100084 _1100086

The Roman era wall.

ローマ時代の城壁も見れます。

_1100101 _1100102

At last, we rode Ferris wheel called ‘Manchester eye’. It was faster than I thought and rounded 4 times.

最後にManchester eyeと呼ばれる観覧車に乗りました。思っていたより速いスピードで4回転もしました。


2件のコメント

Stoke-on-Trent

_1090501   _1090424

I’m living in Stoke-on-Trent now. This city is located on middle of England and enrich for ceramics. There were many potteries many years ago, but lots of ceramic factories are already closed down.

私は今、ストークオントレントというイングランドの中部にある町に住んでいます。ここは、昔から陶芸が栄え、たくさんの工場がありましたが、今は、ほとんどがつぶれてしまっています。

_1090435   _1090483

I would like to introduce one of the potteries called “Gladstone Pottery”. The pottery is opened for museum now. The left room is Sagger making room, and the right room is storage for plaster mould.

今回は、その一つで今は、美術館になっているGladstone Pottery Museumについて紹介します。左の写真は、Saggerと呼ばれる釜での焼成の際、すすやけむりなどから陶器を守る入れ物みたいな物で、右の写真は石膏型の保存庫です。

_1090467         _1090470

In the past, the potter built sugger up like that pictures. I’m wondering how they fire on rainy days, because the ceiling has a big hole.

昔は釜の中に職人がSaggerごと積み上げて陶器を焼成していました。煙が抜けて行くように天井は穴があいています。雨の日はどうしたんだろうとふと疑問に思いました。

_1090440   _1090458

_1090443   _1090460

The potter in this museum showed us demonstration of making their ceramics by their own way.

職人さんがお土産用の陶器を彼らの作り方で、demonstrationしてみせてくれます。_1090425   _1090427

This machine is for making slip.

これは、泥しょうを作る機械です。

_1090473  _1090475

_1090477  _1090476

They are still using traditional hand painting, but only few potter can do now. In recent days, all ceramics are printed by printer.

昔ながらの手法でHand paintingです。今はほとんどプリントになったので、これが出来る職人さんも少ないようです。

_1090412  _1090413        _1090415               _1090416

It’s really pretty pottery museum. I could watch their history video in Japanese, because I’m an only customer at the time. I totally recommend this museum for everyone.

何とも言えない可愛い感じの美術館でした。私しかいなかった為、日本語で、歴史紹介ビデオも上映してくれました。是非おすすめです。


コメントする

I’m in London

I'm in London

Hi, Long time no see. It’s been for 4 years and 9 months from my last posting. For this while, I worked in my home town and saved money for studying in United Kingdom. I studied ceramics at University for Creative Arts from July 2012 to December 2013. Once I went back to Japan, I’m back to London, Canary Wharf for my ceramics window display for 1 month. From now, I try to post about studying ceramics and many things. I’ll do it if I can…

ご無沙汰しております。実に、4年9ヶ月ぶりの投稿です。この間、地元香川で就職し、留学費用を貯め、2012年7月から、2013年12月までイギリスのUniversity for the Creative Artsという美術大学に留学していました。一旦日本に帰った後、今月、ロンドンのCanary Wharfで私の陶芸作品を展示してくれるということで1ヶ月イギリスに帰ってきています。これからは、まめに留学のこと、陶芸のこと投稿したいと思います。出来ればですが…